• TOP
  • >
  • トップメニュー
  • >
  • 保育方針

保育方針

近くに住吉大社・住吉公園と、多くの緑に囲まれた大阪市内でも極めて恵まれた環境の中で、 最も重要と言われる乳・幼児期の心身の健全な育成を願って、『子供達の心を大切にする保育』 を基本とし、情操豊かに協調性・創造性に富んだ人間形成を保育方針とし、 厚生労働省保育所指導指針により、お子様の成長に即した保育システムを採っております。


住吉公園
近くに住吉大社・住吉公園と、多くの緑に囲まれた大阪市内でも極めて恵まれた環境

 

音楽リズム(年長児)・声楽(年長・年中児)は、それぞれ専門講師による指導を行っております。 学研の科学あそび(年長児)を取り入れ「ふしぎだなぁ」「何でだろう」という好奇心を高めます。 体育(年中児・年長児)は、基礎的な体育指導を行い技能を高め体力の向上を目指しております。 


音楽リズム(年長児)・声楽(年長・年中児)
それぞれ専門講師による指導を行っております。

学研の科学あそび(年長児)
「ふしぎだなぁ」「何でだろう」という好奇心を高めます。

季節を感じる旬の食材で素材本来の特徴を生かし、栄養士管理のもと、栄養バランスに配慮したバラエティ豊かな、暖かい物は暖かく、冷たい物は冷たく提供しております。
給食を通して「基本的な正しい食習慣」が身に付くように、個人差を考量し食事指導も含めて取り組んでおります。
また、給食の喜びをアレルギーを持つお子さまにも感じてもらえるように、アレルギー対応給食も行っております。


調理室
衛生的で設備の整った調理室。
ベテラン調理員が徹底した安全管理のもとで調理しています。

自園給食
アレルギーの子どもへの対応。アレルギーのある子どもに対しては個々にメニューを作成し、栄養士管理のもと細やかに対応しています。

健常児と共に集団保育する事により、言語や情緒等様々な発達が見られており、障害の有るお子様 を積極的に受け入れております。

 

園長 星乃 隆志
 
2019年4月に完成した新園舎は、乳児棟と幼児棟が完成し新たにスタートしました。渋いパステルカラーのデザインで広々としたテラスや屋上も自慢の一つです。保育室は床暖房設備で乳児用の床は転倒による怪我を防ぐクッション素材を使用。園庭や砂場もあり保育士さんも働きやすいように色々な研修への参加も積極的に行なってます。「小学校に入学するときには、椅子に座ってきちんと話を聞ける子供達になってほしい。保育士自身が働ける環境作りを大切に考えています。